アルバイトは新卒で天職を見つけるためにある?

新卒採用は、人生で一度しかないイベントです。大手企業などでは、新卒採用でしか正社員を採用しないというところもあるようです。考えてみれば、社会人経験のない未経験の新人を採用して、企業がお金と時間をかけてその人を役に立つ人材に育ててくれるなど、普通に考えればなかなかないことです。人生で一度のイベントなので、失敗は許されません。

しかし、それまで全く働いたことがない人にとっては、どのような仕事が自分にとって天職なのかはなかなか判断が難しい問題です。大学生にとってのアルバイトは、ただお小遣いを稼ぐためだけにあるのではなく、自分にとっての天職を見つけるためにあるという意見もあります。

もちろん、学業が一番大切なので、学業を犠牲にしてまでアルバイトをする必要はありません。サークル活動や友人との交流なども、学生時代にしかできないという要素があるので、大切にするべきでしょう。アルバイトの優先順位は決して高くはありませんが、新卒採用で自分がどのような企業に応募しようか、どのような職種が自分に合っているのか、全くイメージがわかないという人は、アルバイトをしてみて、自分の適性を考えてみるのもいいかもしれません。

大学生がやるアルバイトとしては、家庭教師や塾講師がやはりおすすめです。正確に理解をしていないと人に教えることはできないので、人に教えることで、自分の得意・不得意が浮き彫りになります。自分を見直すきっかけができることもあります。他には、コンビニバイトなどの接客業や、工場でものつくりの仕事を経験してみることも、勉強になります。接客業やものつくりの仕事では、どうやってお金が生み出されるのかを実感しながら働くことができます。

ページトップへ