大学と一人暮らし、ペットの養育費はアルバイトで稼ぐ

多くの大学生が、進学を機会にして実家から独立します。
また地方の実家から、東京や大阪の大学に通うのは物理的に無理です。
合格決定と同時に大学周辺の学生向けアパートやマンションを探し、独立の用意を進める方々が多いのはそのためです。
ただ、初めて親元を離れて一人暮らしを始める若者は、暮らしの中で寂しさを感じます。
昼間は大学の友だちやサークル仲間と遊んだり、学業を共にするため、寂しい気持ちはありません。
しかし、初めて暮らす都会のアパートで1人になる、深夜は誰でも強い寂しさを感じるものです。

最近では寂しさを解消するために、猫や犬のペットを飼い始める大学生が増えてきました。
ペット飼育OKのアパートもありますので、合法的に犬や猫と楽しく暮らせます。一人暮らしだったとしても、可愛いチワワやアメリカンショートヘアが自宅に待っていれば、寂しさとは無縁の日々が始まります。

ただ、ペットを飼育するためにはお金が必要です。
ペットフード、玩具、ペットハウス、散歩用のグッズ、猫犬用の洋服、保険代、予防接種の費用などが要りますので、アルバイトをして、ペットの養育費を稼がなければいけません。
大学生1人だけなら、親からの仕送りで何とか生活出来ますが、そこにペットの養育費が必要となれば、アルバイトを始めて安定した経済力を持つ必要があるでしょう。
大学生なら比較的スケジュールの都合もつけやすいです。飲食店やコンビニのスタッフなら、随時募集されていますし、いわゆる未経験の学生でも雇用してもらえます。
有名大学の学生なら、それだけで信用力がありますので、真面目な態度で面接などに臨めば高確率で採用してもらえます。
人手不足の店舗なら良い条件で雇用してもらえますので、アルバイトをするだけでペットとの楽しい新生活が都会で始められます。

ページトップへ