女性にとって将来性のあるアルバイトとは

女性にとって将来性が一番高いアルバイトは介護です。介護の仕事は、日本各地で需要が高まっています。一度始めて、経験を積めば、ずっと続けることができます。資格もいくつかあるので、まず取りやすいものを取得して、上級の資格を目指すようにすれば、収入が上がります。介護の資格で取りやすいのは、介護職員初任者研修です。この資格は最短1ヶ月で取得できます。これを取ってから、アルバイトを探せば、採用されやすくなります。
介護の仕事は女性にとって、ハードルが高い面もあります。体を使うので肉体的な負担が大きくなります。また拘束時間が長いので、家事との両立が難しいことがあります。女性が介護のアルバイトをするのだったら、夜勤のある施設は避けた方が良いでしょう。一人暮らしの女性だったら、夜勤は可能かもしれません。しかし、家族をお持ちの女性が夜勤を担当するのは困難を伴います。夜勤の仕事は夜勤手当がプラスされるので、給料が高くなるメリットはあるのですが、家族をお持ちの方は避けた方が無難です。有料老人ホームや特別養護老人ホームで働く場合は夜勤があります。夜勤のない介護職は、デイケアと訪問介護の仕事です。訪問介護の仕事は家事も含まれることがあるので、女性に向いています。お年寄りの家に行って世話をする仕事で、夜勤のないことが多いです。
介護職員初任者研修の資格のほかに、介護福祉士やケアーマネージャーの資格があります。これらの資格は簡単に取得できないですが、もし取ることができたら、活躍の場が広がります。給料も確実に上がります。子供さんが小さいうちは介護職員初任者研修の資格でアルバイトをして、成長したら上級の資格を取って正社員になる方法もあります。

ページトップへ