建築現場でのアルバイトは勤怠管理も厳格で魅力的

世には、さまざまな種類のアルバイトがあります。
そんな中で、体力をつけながらバイトをしたい、あるいは、机に向かってする仕事よりも体を動かすほうが好きだ、という人には、建築現場での仕事が向いています。
比較的、勤務シフトも柔軟ですので、極端な話、1日だけ、土曜日と日曜日だけというように、自分の都合で働ける職場が多いのもありがたい話です。
そして、他のバイトと比較すると、時給単価が高く、報酬の点では恵まれているというのも魅力的なポイントの一つです。
中には、日払いのシステムをとっているところもあります。
さらに、定時に始まって決められた時間に終わることが通例ですので、基本的に残業はありません。
また、髪型や髪の色に制限はほとんどありません。
ほかにも、勤務先によって、さまざまな場所に現場がありますので、うまく行けば、家から近い現場で働ける可能性もあります。
昨今の建築会社ですので、勤怠管理は厳格になされていますので、その点でも安心です。
もちろん、仕事そのものは肉体的に苛酷です。
現場にはエレベーターやエスカレーターがないところがほとんどで、重い建築資材を担いで階段をのぼらなければならないことも少なくありません。
仕事は体力勝負の部分がありますし、服も体も汚れることは避けられません。
また、夏は暑く冬は寒い作業環境であるというのも、つらい部分です。
何より、危険が伴う仕事であることは覚悟しておかなければなりません。
壁のない高い所での作業もありますし、どんなものが落ちてくるかわかりません。
そういったリスクも考えられますので、建築現場でアルバイトをする場合は、面接の際に、保険がかけられていることを確認するのが望ましいです。

ページトップへ